#社会保険料負担の節約(最適化)

保険見直し

#社会保険料負担の節約(最適化)

 

会社の社会保険加入は必要です(法定)。

社会保険料の追徴の遡及は2年です。

法人税・消費税の追徴の遡及は5年です。

 

 

▶社保料の節約は可能です

オーナー社長の社会保険料負担は会社の給与支払額の約15%

オーナー会社の社会保険料負担(法定福利費)は役員報酬額の約15%

 

▶蛇足ですが、

オーナー社長の税(所得税と住民税)は支給額の約10%前後が多い

だからオーナー社長は役員報酬の約40%が公租公課(税と社保)です。

 

▶支援対象

小規模会社のオーナー社長

▶論点

所謂「全損生保」課税繰延の節税商品が売り止めになって久しい。

 

#新たな節税効果を持つ税と社保の公租公課総合の財務最適化支援が必要な社長には会社存続のために必要な支援を提供するが支援内容については無料の個別相談で行いたい。

 

 

▶無料相談先は「税のDOGAMI」

無料📞は0120-03-6066案内山本努

Web▶http://shaho.tokyo/

▶発信元は「税のDOGAMI」

アアクスグループ株式会社

Web(e検索)▶社保(ドット)jp

 

▶代表税理士堂上孝生どうがみプロフィール

・中企庁認定支援機関(社会保険料負担の最適化(節約))

・税理士金融アドバイザー

・会計freee「5ツ星」認定アドバイザー

  

▶追伸

無料📞は0120-03-6066案内山本努

税と社保による財務革新は税のDOGAMIに相談下さい。

e検索「社保(ドット)jp」
http://shaho.tokyo/

コメント

タイトルとURLをコピーしました